HOMEブログ店長ブログ >ごきげんに過ごす習慣

ごきげんに過ごす習慣

2019/02/19

幸せ脳内物質でストレス解消

現代社会は仕事に家事、育児に忙しくストレスが多い
生活を送っています。そのような毎日の暮らしの中
ちょっとした工夫で幸せ脳内物質
セロトニンとオキシトシンの分泌を増やすことができます。

『元気な心を作る』セロトニン

セロトニンは、脳の一番奥にある脳幹という部位で
合成されます。合成材料は必須アミノ酸のトリプトファンで、
大豆製品や乳製品に含まれ普段の食事で摂取します。
セロトニンの合成分泌は朝の目覚めで始まり起きて
いる間は分泌が続き睡眠に入ると止まります。
起きている間は脳機能に5つの影響を与えます。
①頭がよく働きスッキリする
②自律神経を切り替え血液や体温を上げる
③筋肉を緊張させ顔つき姿勢をシャキッとさせる
④痛みに対する過剰反応を抑える
⑤緊張や不安を和らげ元気な心を作る

『愛情ホルモン』オキシトシン

オキシトシンは、脳の視床下部で作られ脳内に分泌される
オキシトシンの分泌を促すのはスキンシップとグルーミング行動
オキシトシンの脳内分泌は次の働きがあります。
①ストレス中枢を抑制し脳からストレスを消してくれる
ストレスホルモンであるコルチゾール分泌を抑えストレス性
の高血圧や糖尿病のリスクを減らす。
②心の元気に重要なセロトニン神経の働きを活性化する。
③情動に作用して、ハッピーな気分や愛情を体験させる。

関連のブログを見る