HOMEブログ店長ブログ >シーズン前にチェック!「エアコンが動かない?」とならないように!

シーズン前にチェック!「エアコンが動かない?」とならないように!

2018/05/16

エアコンを本格的に使う前に動作確認

【1】室内機のお手入れ

エアコンを動作する前にホコリを落としておきましょう。上部に多くたまっています。

全面パネルを開いてフィルター清掃。引き出して上部も確認。

全面は化粧カバーでホコリが少ないが上部はホコリが沢山。

【2】継続して動作するかを確認

エアコンのスイッチをONにして、電源が入ったことで安心してはいけません。

しばらく動作させて、異常や悪臭なく冷風がでるか確かめましょう。

動作しているうちに不調やエラーが出てくる場合もありえます。

さまざまな運転モードを試してみて、動作することを確認してみましょう。

まずエアコンのリモコン電池を確認。リモコン表示がハッキリ見えているか確認。薄かったり、消えている場合は電池を交換してください。

冷房運転を選択してお部屋の設定温度は18度以下(最低温度設定まで下げると早く動作る)

本体電源ランプが点灯していることを確認。すぐに切らずに15分程運転する。

*電源が入らない場合は受信部不調の可能性があるのでメーカーサービスに連絡。

室内機の吹き出し口から冷風がでているか?気になるニオイがしないか?風量は弱くないか?確認してみましょう。*吸気口と吹き出し口の温度をそれぞれ測定して温度差が8℃を上回れば冷房が動作していると判断。

 

室外機のファンが回っていることを確認する。熱交換により冷房運転中は暖かい風が出てくる。*ファンが回らない場合はメーカーサービスに連絡。

室外機のドレンホースから水が流れてくる確認。室内が冷やされると結露の水が室外に流れてくる。ドレン詰まりなどで室内機から水漏れする場合がある。*クリーニングで改善する場合もある。改善しない場合はメーカーサービス連絡。

関連のブログを見る